結婚前にできるだけ貯金をしておくことが大切

シングル世代にとってどれだけお金を貯めるべきかというのは共通の問題です。
結婚にかかる費用は地方や両家の考え方など千差万別です。
まずは両家で話し合って、お互いに共通認識を持つことが大切です。
まずは結婚式などのイベント費用として、2人で300万円は貯めておきたいところです。
次に新生活の準備としてお金が必要になってきます。
こちらは2人で100万円はあったほうがいいです。
もちろん親と同居したり、すでに一人暮らしをしていればお金は変動しますが、最低限これくらいは見ておいたほうがいいでしょう。
結婚までにはお金がかかるという認識をだれもが持っていると思います。
これらの費用は環境面で変わってきますが、最低でも1人50万円は残しておいたほうが望ましいでしょう。
そのためにも結婚に向けて貯金をしておくのが望ましいです。
そうすれば結婚にかかるお金だけでなく、その後からの生活基盤にもなってきます。
もしもお金が貯められないときは費用を抑えたり、親からの援助を受けたりしていくのが望ましいです。