どうして結婚できる年齢に男女で差がるのでしょうか

日本の法律では女性は16歳・男性は18歳にならなくては結婚できないと、民法によって定められていますが男女平等の日本で何故年齢差があるのかと不思議に思いませんか。
どうして2歳女性の方が早いかと言うと男性よりも女性の方が、肉体的にも精神的にも早く成長する為だと言われています。
またこの年齢に決めた理由と言うのは出産と言う点を考えた時にも、16歳以上である必要があると言う点からこの年齢に定められました。
男性は結婚すると家庭を養う必要がありますので、18歳以上であれば養っていけると言う考えからこの年齢に定められています。
その他にもこの法律が作られた明治時代に結婚している夫婦の年齢差が2歳から5歳差だった事も、関係しているのではないかと言われています。
この法律が作られた明治時代では女性は15歳・男性は17歳で結婚できると定められていましたが、戦後の昭和に一歳ずつ引き上げられ女性は16歳・男性は18歳で結婚できるようになりました。